アコーディオンメニューでの HAIK vs WordPress

2019年8月4日

アコーディオンメニューとは、サイドメニュー上に設置した一連のメニュー群を、アコーディオン機能を使ってアコーディオン化したものを言います。

言葉でいくら説明してもイメージが掴め難いと思いますので、実ページでの実装例を見て戴いた方が理解し易いと思い、HAIKの場合とWordPressの場合の実装例を以下に示してみます。左がHAIKの例で右がWordPressの例です。

藤心HAIKクラブの例

↑↑クリックしてね↑↑

藤心パソコン倶楽部の例

↑↑クリックしてね↑↑

上記のアコーディオンメニューです
上記のアコーディオンメニューです

さて、どちらのアコーディオンがお好きですか?

アコーディオンであると強い主張が感じられるのがWordPressの方じゃないでしょうか? メニュー項目名の前の(>)と項目名の最後の(数値)で、一目でアコーディオンと分かる仕様で思わずクリックしそうなイメージです。

それに対してHAIKのそれは、アコーディオンか否かは一目では判断つかない影の薄い存在です。どちらが良いかは好き嫌いの問題もあるかも知れませんが、筆者は断然WordPressをお薦めします。

それぞれのプラグインの違いがあります。

HAIKの場合、プラグイン「#bs_accordion」でアコーディオンメニューが実装できます。WordPressの場合は、プラグイン「JQuery Accordion Menu Widget」をインストールして、アコーディオンメニューが実装できます。

[check]アコーディオンメニューを使うメリットとは?
サイトの容量(総ページ数)が大きくなった場合、サイトを効率良く管理する上でも必須となる機能だと思います。HAIKだろうとWordPressだろうと、この機能は必要になってくると思いますのでしっかり覚えましょう!!

WordPressの導入をサポートする藤心WordPress塾

藤心WordPress塾は、新しいプラグイン ELEMENTOR によるページ編集を全面的に導入し、WordPress 初心者にも易しく丁寧に WordPress の楽しさと素晴らしさを、レクチャーすることをモットーとして活動しております。