「QHM Migrator」+「Elementor」の実証実験

2019年3月10日

「QHM Migrator」とは、toieeラボが作成して公開した「QHM⇒WordPress変換」を実行するWordPressのプラグインです。ちなみに「Migrator」とは「移住者」という意味の英語です。

その「QHM Migrator」を使うことで、今までのQHMユーザーがWordPressユーザーに移住できることを狙った命名でしょうが、果たしてそんな簡単にWordPressユーザーに移住できるのか否か、当方のテストサイトを使った実証実験がありますので紹介します。

また「Elementor」とは、当サイトでも再三、紹介して来ましたが、WordPressのページビルダーの一つで従来のHTMLタグを意識することなく、コンテンツに相当するパーツ(部品)をドラッグ&ドロップ形式で簡単にページに貼り付けることが可能な画期的なプラグインです。

今回、先ずは「QHM Migrator」を使ってQHMページをWordPressページに変換した後、変換後WordPressページを対象に、更にプラグイン「Elementor」を使って、Elementor変換後ページをオリジナルのページとは別のページに作成してみました。

ページ名による「Elementor」か否かの区別

例えば、「会社概要」というオリジナルページに対して「会社概要(e)」なるページが存在します。その「会社概要(e)」が元のページ「会社概要」を「Elementor」で編集したページとなります。

勿論、ここで言うオリジナルページ「会社概要」とは、「QHM Migrator」で変換された直後のページです。「会社概要」及び「会社概要(e)」の二つのページは、ナビゲーションメニュー上で2段に階層化されたリンク項目としてリンクが張られています。

デザイン・テンプレート

  1. 変換前のQHMテンプレート:g_wcool01
  2. 変換後のWordPressテーマ:Astrid

結果、変換できなかった機能

該当ページ 主な機能 変換結果
FrontPage 画像の回り込み(#show) 横に並ばずに縦に並んで表示される
段組設定 段組と入れ子の関連 完全に画面が乱れている
スライドショー #slideshow、#slides スライドショーが実装されていない
会社アクセス #gmapfun Googleマップが実装されていない
最新ニュース #qblog_list(line) ブログの簡易的な一覧表は移行不可?