haikの特徴

haikの特徴

haik 及び haik テーマの特徴としては、諸々あると思いますが、先ずは以下の4ツが考えられます。

 

アイキャッチ

LSON_039.GIF

haik の最大の売りがアイキャッチです。
haik からアイキャッチを取ったら何も残りません。
それほどインパクトのある仕様ではないでしょうか。
アイキャッチが何であるかは、賢明なユーザーならすぐお分かりになると思いますので、詳しい説明は省きます。

 

レスポンシブ・デザイン

従来のQHMでは無かった機能の一つがレスポンシブ・デザインです。WordPress の世界では既に大分前から取り入れられていたデザインです。そう言った意味では、QHMは WordPress より遅れをとること何年の世界でした。待ちに待ってやっと実現した機能です。

レスポンシブ・デザインの機能そのものの体験は、当サイトのページでマウスカーソルをドラッグして画面を縮小してみれば直ぐ分かります。ダイナミックにあるいは劇的に画面が変わることが体験できます。
どう変わるかは、スマフォ画面に対応した画面の変化です。やってみれば直ぐ分かります。

LSEA_017.GIF

 

プルダウン・メニュー

LSEA_020.GIF

従来のQHMでは無かった機能のもう一つがプルダウン・メニューです。プルダウン・メニューとは、ナビメニューの階層化対応です。これもWordPress の世界では既に存在していた機能です。
筆者も大分前から何故QHMには無いのだろうと不満に感じていた機能です。今回、当サイトにも試験的に取り入れてみました。

 

サイド・メニュー

6パートデザインには必須だったサイドメニューが、トップページに限って、そのサイドメニューが無くなっています。多分にスマートフォンを意識したデザインパターンです。スマフォの画面はPCに比べたら遥かに狭い画面です。
その狭い画面には、サイドメニューは邪魔な存在となるのです。邪魔ならいっそ無くしてしまえと言う発想なのでしょうか?
これが、haik の仕様なら仕方がありませんので従うしかありません。まだ筆者には haik の持つ目標なり設計意図が分かっていないのかも知れません。

LSEA_006.GIF

 

使ってみての感想

LSEA_016.GIF

メーカーの主張する「シンプル」の意味は、「Simple is Best」が元になっている考え方なのか否か?
このページでの余白の使い方も、その「シンプル」の成せる技なのでしょうか?
筆者にはイマイチって感じですが、それが最先端を行っているデザインなのでしょうか?
その余白の問題では、フォーラムでもいろいろ取沙汰されていますが、従来のQHMのデザインにどっぷりと浸かっていたユーザーには、これが haik なのかという戸惑いを持つと思います。
慣れの問題ですかね。まだまだいろいろな機能を試していないので、ここで直ぐには結論がでません。

 

次へ