極意(20)画像アップロードでの注意点


陥りやすい間違い

QHM初心者ユーザーなら「いざ知らず」、上級者でも陥りやすい画像アップロードの間違いを明らかにして、注意勧告をしてみます。


その1.同じ画像の重複アップロード

SWFUの設定で、同じファイル名の画像ファイルを上書き保存する設定(下記)が可能です。但し、この場合のファイル名は、半角英数字のファイル名にのみ限定されます。
言い換えると、日本語を含む全角ファイル名には、その上書き保存が適用されません。

理由は、全角ファイル名は、auto_xxxxxxxx なる半角英数字のファイル名に自動的に変更されますが、元々、同じ全角ファイル名の画像ファイルは、アップロードした際、全く別の半角英数字のファイル名に変更されてしまうから、内部的には別ファイルと認識されてしまうのです。その結果、同じ画像が重複されてアップロードされてしまうのです。

この同じ画像の重複アップロード を避けるには、予め、全角ファイル名を半角英数字のファイル名に変更してから、アップロードすれば上書き保存機能が働き重複されません。

画像の説明


その2.最近のファイル一覧の利用

全角及び半角ファイル名の如何に拘らず、サーバーにアップロードした画像ファイルは、SWFU画面の「最近のファイル」欄(下記)で確認できます。立て続けに同じ全角ファイル名の画像を無意識にアップロードした場合でも、その「最近のファイル」欄を見れば、誤って同じ画像がアップロードされたか否かが判別できる筈です。

筆者に言わせて貰えれば、要は、その「最近のファイル」欄を余り見ていないのではないかと懸念しています。ただ言えることは、アップロード直後のファイルは、その「最近のファイル」欄には表示されていません。

次回、SWFU画面を開いた時に、前回、アップロードした結果が反映されます。
そのタイミングのズレを認識して「最近のファイル」欄を頻繁に見て下さい。

画像の説明


その3.重複ファイルを削除する方法

前記の「最近のファイル」欄で重複画像を探せない場合、SWFU画面の「ファイル一覧」より、削除すべき重複画像を探すしかありません。その手順を以下に記載します。先ず、SWFU画面の左サイドメニューの「ファイル一覧」をクリックする。

画像の説明

次に、表示された画像名一覧より auto_xxxxxxx なるファイル名に相当する先頭文字「a」をクリックする。

画像の説明



表示された先頭文字「a」で始まる一覧より auto_xxxxxx なるファイル名にマウスを持って行くと画像イメージが表示されるので、そこから該当のファイルを探してファイルを削除する。
画像の説明


その4.大きい画像サイズのアップロード

最後に、無意識にやってしまうことの一つに、画像サイズを意識せずに、大きい画像をアップロードしてしまうことです。その大きい画像を画面に表示する際に、画面に入りきれない為に縮小率を指定して表示せざるを得なくなるのです。

どの道、画像縮小するのであれば、アップロードする前に縮小すべきです。その手間を惜しんで大きな画像をアップロードしてしまうのは、HP管理者として失格と言わざるを得ません。

大きな画像は、弊害が多くて良いことは一つもありません。大きな画像を縮小率を指定して画面表示する度に変換処理が起こります。その分、レスポンスが悪くなります。


余談ですが・・・

つい最近まで、SWFUの設定で「上書きする」に設定しているのに「上書きされない」という不具合が発生しておりました。最新バージョンでは解決済となっています。

それを確認するには「上書きする」に設定しているのに s_xxxxxxxx または s_s_xxxxxxxx なるファイル名が存在している場合、正にその状態です。
直ちに最新バージョンにアップグレードすべき状態です。
ちなみに xxxxxxxx は、元の半角英数字のファイル名です。



戻る

上記の関連記事はお役に立ちましたか?

  • 下記に投票して戴けると嬉しく思います。
    選択肢 投票
    役に立った 8  
    役に立たなかった 0  


ご意見箱