極意(21)エクセルで画像加工

エクセルの罫線機能を使った画像加工を紹介します。
以前に藤心のパソコン教室のエクセル講座で取り上げたテーマを再利用しています。
マリリン・モンローの一枚の写真を、いろいろのイメージに加工してみました。
皆さんはどれがお気に入りですか。下方に種明かしがありますので、試してみて下さい。


マリリン・モンローの加工前の写真です

モンロー元写真

数多くある写真の中で、私の一番好きな知性的でエレガントな究極の一枚を選びました。
加工前の元の写真は白黒写真が良いと思います。
カラー写真では試したことはありません。
尚、写真の左頬にある黒い点はホクロですよ。
そこがチャーム・ポイントの一つです。
左の写真は、50%に縮小したサムネイルです。
そのサムネイルをクリックしてオリジナルの大きさでご覧戴けます。


いろいろと加工してみました。

[check]細かい格子縞の背景に貼り付けてみました


格子縞の罫線を白い色に設定した結果です。
このままでは格子縞の存在が分かり難いかと思います。
右のサムネイルをクリックして拡大すると格子縞が見えてきます。ディスクトップの壁紙などに最適です。

モンロー白


モンロー黄色

[check]セピア色もどきの写真にしてみました


格子縞の罫線を黄色に設定した結果です。


[check]ピンク色にしてみました


格子縞の罫線をピンク色に設定した結果です。
モンローの色と言うとピンク色が想像されます。

モンローピンク


モンロー紫色

[check]紫色にしてみました


格子縞の罫線を紫色に設定した結果です。
元の写真に一番近い感じがしますね。


種明かし

実は、先頭の写真を除き全ての画像はエクセルを使用して作成されています。
エクセルのセルの背景に白黒写真を貼り付けているのです。
その際、セルの書式設定で全てのセルを細かい格子縞に設定してあるのです。
そして格子縞の罫線の色を変えることにより、セピア風になったり、ピンク色になったり、元の写真の色は一切変えていません。
あくまでも罫線の色を変えることでイメージを変えています。
それでは、具体的な設定手順を解説します。

  1. エクセルの新規作成で新しいワークシートを開きます。
  2. ページレイアウト~背景~シートの背景に貼り付ける写真を選択する
  3. 但し、貼り付ける時の注意として、貼り付け先のセルはA1になっていること
  4. 全セルを選択し、ホーム~書式~行の高さ~高さを3に設定する
  5. 同じく全セルを選択し、ホーム~書式~列の幅~幅を0.23に設定する
  6. 同じく全セルを選択し、ホーム~書式~セルの書式設定~罫線タブ~
    ~罫線の色を選択して、全てのセルの罫線を、お好きな色に設定する。
  7. 以上で作成されたエクセルの画面より、必要範囲を画像としてキャプチャーする


そんな面倒くさいことせずに!!

実は、いつのころからか定かではありませんが、前記の画像加工はもっと簡単・単純に作成できるように現在(いま)ではなっています。そう言った意味では、セルの背景に画像を貼り付ける前記の方法は知らなくとOKと考えて下さい。

<新しい画像加工>

  1. 先ず、「挿入」~「図」で単純に画像を挿入します。
  2. 挿入した画像をクリックして、「書式」~「色の変更」を選択する。
  3. 表示された色見本から加工対象の色を選択する。

    画像の説明 画像の説明 画像の説明


ご意見箱