当方の移行・変換サービスと他社を比較してみました。

QHM及びHAIKの実質的なメーカーtoieeラボ(旧北摂情報学研究所)が、今年の7月に「QHMからWordPressへの移行サービス」を開始して半年近く経過しました。そして半月前(1/18)に、その募集を終了する旨のメールが届きました。

toieeラボのWordPressへの移行方法は、移行のためのプラグインを開発(既に開発済)して、QHM⇒WordPressへの変換の大部分を自動的行わせる手法をとっています。どの程度の変換率で変換が達成されるのか、筆者も体験してみました。

問題は、変換後のWordPressサイトをユーザーに引き継いだ後のサポート体制です。WordPressのスキル等の取得は、PDFマニュアル等の配布で個人のスキルに任せるとの「お茶を濁した」回答に、果たしてユーザーが納得できるのか否か疑問に思います。

QHMは熟知しているけど、WordPressのスキルが無いからtoieeラボの企画に便乗したユーザーが大半なのではないかと、筆者は推測しています。製品納入後の日々のページ更新をユーザー自らが出来なければ、業者に依頼すれば良しとするユーザーがどれほどいるのか?

また、WordPressをある程度、知っていれば自分で変換できる筈で、わざわざtoieeラボの移行サービスに頼ることも無い筈、WordPressのスキルがないから、toieeラボの企画に載ったわけだと思います。やはりユーザーに引き継いだ後のサポート体制が一番の問題となりそうです。

QHM、HAIK、WordPressの言語間の変換サポート業務について、HAIK-Club、toieeラボ、そして筆者の「HAIKのフジサキ」の各社のサポート業務を一覧に纏めてみました。


各社のサポート業務一覧

No.サービス名称サ-ビス
提供元
変換内容価 格備 考
1置き換えサポートHAIK-ClubQHM⇒HAIK29,800円~
(注-1)
ページ数や画像の量、
によって費用変動
2乗り換えサポートフジサキ
(注-2)
QHM⇒HAIK36,000円ページ数に無関係に
一括請負一律価格
3QHM to WP2toieeラボQHM⇒
 WordPress
50,000円
(注-3)
Max50ページまで
の固定価格
4藤心WordPress塾フジサキHAIK⇒
 WordPress
36,000円
(注-4)
10Pの制作代行+個人
レッスン料金込み
5地産地消のWP塾
(注-5)
フジサキHAIK⇒
 WordPress
29,800円Twenty Seventeen
+5P制作代行+個人
レッスン料金込み
  • (注ー1):
    29,800円~の意味は、最低29,800円でページ数や画像の量・情報量によって費用が替わるという意味です。但し、前提条件としてHAIK-Clubに会員登録(2,000円弱/月)した正式会員を対象にしたサポートです。
  • (注ー2):
    フジサキは、筆者の制作代行業の屋号「HAIKのフジサキ」を意味し、筆者が行う代行サービスを意味しています。
  • (注ー3):
    概ね総制作代行ページ数50ページまでの価格で、それを超える場合は、別途、再見積があります。尚、toieeラボの変換対象サイトはQHMのみでHAIKは対象になっていないのが気になります。HAIK⇒WordPressの自動変換は技術的に難しいのかも知れません。
  • (注ー4):
    総制作代行ページ数を10ページとする標準価格です。それには、納品後の引継ぎを兼ねた個人レッスン(2H/一回)の料金が含まれたお得な価格となっております。また変換対象の言語は、HAIK/QHM/Jimdo/ホームページビルダ等、基本は言語不問と考えております。手動変換だから出来る技です。
  • (注ー5):
    特定のテーマ「Twenty Seventeen」+特定プラグイン「Elementor」+個人レッスン(2H/一回)付きの期間限定(2018年3月まで)のWordPress塾です。とにかく安価で易しくをもっとうに企画されたキャンペーン企画です。前提条件として筆者の居住する柏まで来られる方を対象とします。


当方の移行・変換サービスのサポート体制

HAIKにしろWordPressにしろ当方の変換サポートには、全て、製品納品後の個人レッスンによる講習会開催を、初回分(2H/一回)につき無償で対応させて戴いております。その後の対応は有償(6,000円/一回)になりますが、各ユーザー様のスキルに合わせたサポート対応をさせて戴いております。