HAIKのアイキャッチでの完全スマフォ対応の続編

過日の投稿記事で紹介した「アイキャッチでの完全スマフォ対応」記事の続編です。
スマフォ対応の「何が完全対応で何が非完全なのか」を明らかにする関連記事です。

元々、HAIKのアイキャッチは一枚の大きな画像をアイキャッチ画像として設定すれば、それで済んいた話ですが、そのアイキャッチをスマートフォンで見た場合、アイキャッチ画像上のキャッチコピー的なテキスト文字は、スマフォ画面サイズに合わせて画面の真ん中に再配置されて表示されます。

但し、背景となっているアイキャッチ画像は、スマフォ画面サイズに合わせて縮小されず、画像の両端がカットされて表示されます。これが、WordPressのヘッダー仕様と異なり、何故、WordPressのような仕様でないのかと不満を抱くユーザーが少なからずおります。

筆者のようにHAIKのアイキャッチとは、こんなものだと割り切ってしまえば、それで済んでたことですが、世の中にはWordPressのようにアイキャッチ画像自身も縮小しないとと拘る方もおります。

そこで、HAIKのプラグインの改良型が出て久しいのですが、PC版アイキャッチ画像とスマフォ版アイキャッチ画像の2枚の画像によるスマフォ対応をしたアイキャッチのプラグインを解説してみました。これが所謂スマフォ対応の完全化と言われる仕様となります。