SWFU vs メディアライブラリー

SWFUとは、HAIKの簡単アップローダーと呼ばれている画像を主なファイルとしてサーバーにファイルをアップロードする機能です。
同じ機能でWordPressではメディアライブラリーと呼ばれる機能があります。
本日は、SWFUとメディアライブラリーを使い勝手の面で比較してみました。


先ずは、SWFUのファイル一覧表示です。

画像の説明

以下は、メディアライブラリーでの一覧表示です。

画像の説明

上記の一覧表示での相違点が分かりますか?

  1. SWFUの場合
    1. 一覧はファイル名で表示されている
    2. 表示順序はファイル名のabc順
  2. メディアライブラリーの場合
    1. 一覧はサムネイル画像で表示されている
    2. 表示順序は登録日付順(最新⇒古い方へ)


使い勝手では、WordPressが勝っています。

画像をページに貼るケースを想定して下さい。既に登録済の画像を探すことが必須条件ですが、SWFUの場合、ファイル名から探すのは至難の業です。ファイル名をクリックしたりオンマウスすれば画像イメージは一応は見れますが、WordPressに比べたら1クッション余分な操作が伴います。

その点、メディアライブラリーの場合、一覧がサムネイル画像になっているので必要な画像は一目で探すことができます。それも表示順が登録日付の新しい画像から古い画像へ左から右へ、上から下へと並んでいるので、目的の画像を探すのが至って簡単です。
ライブラリーに目的の画像が無ければ、即、新しい画像をアップロードすればOKです。