QHM/HAIK⇒WordPress移行でのコスパ対策とは?

コスパとは、Cost performance 即ち「費用対効果」の意味です。
勿論、当方のようなHP制作代行業者にWordPress移行作業を依頼した場合の「費用対効果」を言っています。少ない費用で如何にWordPressに移行できるかが議論の的となります。

当方に移行作業を依頼した場合、制作代行費用は制作するサイトの総ページ数で決まります。
従って、100ページを超える大きなサイトは、それなりの費用がかさむことは当然の話です。
それでは、全体の費用を安く抑える対策があるのか否かですが、それがあるのです。

それはお客様にも、WordPressの移行作業に参画して戴くことで実現します。具体的な例で説明します。例えば、既存の移行対象のQHM/HAIKサイトの総ページ数が仮に100ページあったとします。その100ページ全体を当方の移行対象ページとして依頼せず、10%相当の10ページ分のみを依頼すれば、当方に支払う制作代行費用は、36,000円で済みます。

それじゃ残りの90%に相当する90ページのWordPressへの移行は、誰が行うのか?
それはお客様自身の手で行って戴くのです。勿論、予算に余裕があれば、当方への依頼ページ数の割合を増やせば良いわけで、お客様主導で当方への制作代行費用を決めればいいのです。

お客様自身がWordPress移行作業に参加して戴くことで、WordPressのスキルが身に付き、その後の移行作業にも対応可能になるのです。当方が開催する個人レッスンに参加して戴くことで、WordPressスキルが取得できることが、このプロジェクトの最大の目的となります。

個人レッスンでは、当方が制作したWordPressサイトの実ページがレッスンの教材となり、主にELEMENTORの操作方法をマスターして戴くことを第一の目標としてレッスンを進めて行きます。これが正に「藤心WordPress塾」の個人レッスン付きの制作代行なのです。


「費用対効果」の費用は幾らかかる?

前記の例にも記載したことですが、10ページの制作代行付きWordPress移行の移行費用は、たったの 36,000円(税別)です。その 36,000円の費用で以下の事が実現できます。

  • ご自身のWebサイトとしてWordPressサイトを所有できるようになる
  • ご自身のWordPressスキルのみでサイトの保守管理ができるようになる


「安い費用で大きな効果」

上記2点が実現できる費用としての 36,000円は、効果の割にはお安い価格と思いませんか? その費用の中には個人レッスン料金も含まれているのです。
但し、初回のレッスン料は無料ですが、2回目からのレッスンは有料となります。
実態として、一回のレッスンのみで ELEMENTOR 操作を取得して、日々の保守管理が出来ている方もおります。