WordPress環境をローカルで実現する方法

WordPressサイトを構築するには、HAIKと同様、サーバーにドメインを設定してWordPressをインストールする必要があります。しかし、サーバー不要、ドメイン不要のWordPress環境がローカル環境で作成できるとしたら、皆さんだったら使ってみたいと思いますか?

それが可能なのです。「MAMP」と言うツールをインストールすると自分のPC内でWordPressの開発環境が手軽に構築できます。これがどう言うメリットがあるのか考えてみて下さい。サーバーを持っていない方、ドメインの持つ意味すら分からない初心者でも手軽にWordPressサイトを試作できることになります。

ホームページの作成には失敗が付き物ですが、失敗しても又作り直せば良いぐらいの軽い気持ちで挑めば良いのです。ネットに繋げる必要もありません。完全に自分のPC内だけで模擬的にWordPressを使ったホームページ作りが体験できるのです。

これからWordPressを志すQHMユーザーさまや、HAIKを見限ってWordPressに乗り換えをご検討中のHAIKユーザーさまの心強い味方になってくれるツールです。


MAMPとは?

MAMPとは、Macintosh、Apache、MySQL、PHP の頭文字をとったものです。
元々はMac環境で起動する PHP と MySQL の開発環境を実現するために作成されたツールですが、近年、Windowsでも起動するように改良されました。

そしてPHP開発の延長線上で WordPress のテスト環境としても利用されるようになりました。内部構造しては2つの仮想サーバー(ApacheサーバーとMySQLサーバー)を持っていて、それらを使うことでWordPressページが試作できることになります。


MAMPをインストール

下記のページ内の「MAMPのインストール方法」を参照してMAMPをインストール下さい。
MAMPのインストールが終了したら、引き続いて同じページの「MAMPの起動(初期設定)」を参照して、MAMPの初期設定を行って下さい。


MAMP内にWordPressをインストール

<処理概要>

  1. WordPressの公式サイトからWordPressをダウンロードする
  2. ダウンロードした圧縮ファイルのWordPress-4.7.3.zipを解凍する
  3. 解凍ファイルをMAMPをインストールしたフォルダ「C:\MAMP\htdocs」にコピーする
  4. ブラウザで「 http://localhost/ 」を開くと、WordPressページが表示されます。


MAMPの起動とWordPress操作

画像の説明 

デスクトップ上のMAMPのアイコンをクリック


画像の説明 

MAMPを起動したら2つの仮想サーバー(Apach Server/MySQL Server)が起動したことを確認する。

画面の右上のサーバー起動状態が緑色でマークされたら正常起動と判断します。

仮想のWordPressページを開くための前提条件になります。


画像の説明

前記の画面で「Preferences」をクリックして表示された画面で「Start/Stop」タブの「Strat page url」に、WordPressのURLを設定する


画像の説明

前記の画面に戻って「Open start page」をクリックする。


画像の説明

WordPress画面が開かれたことが確認できます。

ブラウザのURL欄に'/WP-admin/'を追加することでWordPressのダッシュボード画面が表示されます。



戻る

上記の関連記事はお役に立ちましたか?

  • 下記に投票して戴けると嬉しく思います。
    選択肢 投票
    役に立った 0  
    役に立たなかった 0  


上記に関する質問はコチラでお願いします