Xサーバーでの新しいサービスの一つに「新サーバー簡単移行」というサービスがあるのを、つい最近気が付きました。その歌い文句に「従来の3倍以上の性能に!。さらなる超速化でサーバー速度は業界ナンバー1へ!」と言うことで本当にそうなのか? 耳を疑うようなキャッチコピーにどうしたものかと思案に暮れていました。

そのサービスは無償でできるサービスなので「ダメで元々」の精神でやって見ることにしました。

新サーバーへの移行の操作手順

Xserverアカウントへログインし、サービスメニューの「新サーバー簡単移行」のクリックからスタートします。(左図)
次に、最新サーバー環境への移行を希望するサーバーの「選択する」をクリックします。(下図)

移行前と移行後のサーバー仕様の比較

下表にあるように移行前後のサーバーの仕様に大きな違いがあります。 CPUメモリで2.6倍、コアサイズで2×2=4倍、これだけで9.2倍のサーバー速度が期待できます。一説には14倍と言われていますが、筆者にはそこまでの体感速度は感じられていませんが、とにかく無料のサービスですので、やらない選択肢はないと思います。
 移行前サーバー移行後サーバー備 考
サーバー番号:sv10641sv13103ユーザー毎に
番号は異なる
メモリ:192GB512GB2.6倍の容量増
CPU:Xeon E5 第二世代AMD EPYC
CPUコア:24コア48スレッド 48コア96スレッドコア2倍、
スレッド2倍
ストレージ :オールSSDオールNVMe

新サーバーに移行することで得られるメリット

これもXサーバー側の言い分なので、そのまま鵜呑みには出来ませんが、少なくともXサーバーが何を狙って、このようなサービスを始めたのかが垣間見れるかと思います。

1.高速CPU「AMD EPYC(Rome世代)」採用!
2.「オールNVMe」RAID10構成を採用した結果、読み込み速度が最大14倍以上に向上!
3.搭載メモリを192GB~256GBから512GBに倍増!

簡単にいうと、
1.アクセスが多くなってもエラーが起きにくく、表示速度は速くなる!
2.サイト集客にSEOの比重を置いてる方は、検索順位が上がることもある!  

実は一回目の移行に失敗しました。

筆者は、10/15に最初の移行依頼を申請しました。ファイル・コピーの完了は翌日の10/16に、回答がありましたが、見事に失敗しましたとの結果報告でした。(下記メッセージ)
何故、失敗したのか分からず原因・理由をXサーバー側に問い合わせした結果、ドメイン毎のファイルサイズが大きすぎてコピーできないドメインが存在していたせいでした。
ファイル・コピーに失敗したドメインが2ツありました。そのドメインを見直し不要サブ・フォルダを削除したりして、ドメインのスリム化を実行して、10日後の10/25に再度のコピー申請をして、見事にコピーは成功しました。

この際だから・・・

折角、新しいサーバーに移行する際だから、一昔前に作成したロリポップ時代のQHM及びHAIKサイトを移行の対象から外すことにしました。
その結果、下表のように移行したサイトの数が激減(75⇒45)しました。
そのせいでしょうか、2回目の移行はNOエラーでスムーズに新しいサーバーに切り替えることができました。万々歳です!
ドメイン旧サーバー新サーバー備 考 
fujigokoro.xsrv.jp3113旧HAIK/QHMの
サイトを移行せず
fujigopc.com91旧HAIK/QHMの
サイトを移行せず
fujigopc.xyz22
fujigowp.info1613旧HAIK/QHMの
サイトを移行せず
fujisaki.world22
fujisaki.xyz54
katumi.net44
morisaki.xyz66
合計サイト7545移行対象外サイト30