ELEMENTORとブラウザの相性について

ELEMENTORとブラウザの相性について

ElEMENTORを使用したページは、閲覧する分にはどのブラウザを使用しても閲覧できますが、いざ、ELEMENTORでページを編集する時、ページ編集できないケースが発生します。

そこにはELEMENTORとブラウザの相性みたいなものが存在します。筆者が3年間の経験で、その相性を分かった範囲で下記に纏めてみました。

ブラウザ稼働OS画面閲覧結果ELEMENTOR
との相性
Google Chrome
Ver71.0.3578.80
Windows-10
(64ビット)
完全スマフォモード
になっている
Google Chrome
Ver70.0.3538.110
Windows-7
(32ビット)
閲覧OK
Edge
Ver.79以上
Windows-10
(64ビット)
閲覧OK
FireFoxWindows-10
(64ビット)
閲覧OK
IE11Windows-7
(32ビット)
一部不具合あり、
Edgeをお薦めします
SafariMac OS閲覧OK

お薦めするブラウザ

Windowsなら「Firefox」、マックなら「Safari」で決まりです。
2018年12月以前なら、断然「Googe Chrome」がお薦めと豪語していたのですが、2018年12月、「Googe Chrome」が最新バージョンにアップグレードした後、様子が一変してしまいました。

「Google Chrome」は最新バージョンで、完全にスマホ対応に特化した画面デザインになり、PCユーザーには使い難いブラウザになってしまいました。筆者は、それまで愛用していた「Google Chrome」を辞めて急遽「Firefox」に変更しました。

マイクロソフト  Edge は、Elementorでの編集ができない時期がありましたが、Ver.79以上のEdgeなら問題なくページ編集できるようになりました。ちなみに最新のEdgeのバージョンは、Ver  84.0.522.52  (64 ビット) です。

<結論>ELEMENTORを使用するなら断然「Firefox」または「Edge」をお薦めします。

コメントを残す

CAPTCHA