昔懐かしいQHMサイトの再現か?

上記のサイトは、つい最近、作成した出来たてホヤホヤのWebページです。どこか旧QHMのページに似ていませんか?

QHMを体験した方なら、すぐ分かると思いますが、QHMをインストールするとデフォルトの初期画面として最初に表示されるブルーカラーのテンプレートにどこか似ていませんか?

ですが、該当サイトはQHMでもなく、HAIKサイトでもありません。現在、当方が制作代行のメインに据えているWordPressでもありません。

それでは、何のツールで作成したのか?
そうです、HTML/CSSで作成したWebページです。

何故、今更、WordPressでなくてHTML/CSSなのか?

藤心関連の藤心HAIKクラブは、HAIKで作成されています。
そして今年の3月には、HAIKの開発を辞めています。
来年の3月には、その藤心HAIKクラブも閉鎖する予定となっています。

即ち、来年3月以降は、藤心関連のWebサイトはHAIKが姿を消してWordPressだけの世界になります。(参照、関連リンク集

そんな中で、今年の6月頃、某QHMユーザー様からWordPressへの移行作業を請負ました。それも70ページを超える超ビックサイトの移行でした。

約一ヶ月の工期でなんとか納入することができましたが、一つ問題が発生しました。それは画面表示スピードです。

WordPressは元々、HTML等で作成された静的画面サイトに比べて表示スピードが遅いことは、一般的によく言われていました。

理由は、

  1. データベースを使っていること
  2. 沢山のプラグインを使用していること
  3. 画像表示の縮小変換が頻繁に起こる
  4. その他

等などが考えられますが、サーバー自体の表示スピードにも関係しています。Xサーバーのような高速サーバーなら問題にならないスピードが、名前もよく知らない某サーバーの表示スピードが問題として浮上した結果となっていました。

そのようなことがあって、WordPress一辺倒の開発に疑問を持ち始めたことが、HTML/CSS開発のきっかけになりました。

現在は、HTML/CSSの猛勉強中で、まだ具体的な受注行為までは至っていませんが、近い将来、HTML/CSSによるHP制作代行ができればと思っております。

勿論、WordPressの制作を辞めるわけではありません。WordPressのメリットは十分承知しており、今後も継続して開発していきます。

要は、WordPressに特化した制作代行に、新たにHTML/CSSによる制作代行が追加されたと考えて下さい。