Lightningで作るお客様サイトその3
前回の投稿でWordPressの人気デザイン・テーマ「Lightning」で作る見本ページ3件を紹介しましたが、本日も同じ「Lightning」で作成したお客様のサイト3件を紹介します。何れも当方が制作代行したWordPressサイトです。
左側のサイトは、京都の農業法人「京都オーガニック責任事業組合」様のサイトです。Lancers経由の制作依頼で作成したサイトです。 全くの新規作成案件で、事業計画PDF資料やパワーポイントで作成されたプレゼン資料を元に約7ページのHPに纏めたものです。
真ん中のサイトは、大阪府の動物病院スタッフ育成カウンセラー様のサイトです。動物病院で働くすべての人が安心して働き、個々の才能を活かすことが出来る環境作りし、病院スタッフのコーチ兼カウンセラーさまからのホームページ制作依頼でできたサイトです
右側のサイトは、長野県の生花生産農家「信州ナーセリー」さまサイトです。もともとHAIKで運営されていたサイトを、WordPressへの移行したいとの希望で、総ページ40ページあった内、10ページの制作代行請負でスタートした作業でした。
お客様担当分の30ページ弱の移行作業を、お客様自ら行うにあたって、個人レッスン開催する予定でしたが、感染症の世界的蔓延でレッスン開催が危ぶまれる中、お客様の独学でElementorを屈指した残りの開発作業を完遂した稀に見る珍しい事例となりました。
いずれにしても、上記の3サイトはWPテーマ「Lightning」を導入したWordPressサイトであることが、共通点となっています。私にとって「Lightning」は、飯の種でもあり一番作り易くて手に馴染んだWPテーマで有ることには間違いないと思います。

Elementor操作を教えることに特化した塾です。

e工房フジサキは、WordPressのプラグイン「Elementor」を個人レッスンを通じてレクチャーして行くこと。即ち、「Elementor」の普及活動を、最大で且つ最終目標とした活動を続けて行けたら幸いと考えております。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。