意外と少ない賢威のデザインテーマ?

2018年11月9日

上記の4サイトは、賢威のデザインテーマで作成した当方の自前サイトです。

賢威のデザインテーマの種類は、意外と少なく賢威7.1と賢威6.2の合計で10種類しかありません。各テーマ毎に6パターンのカラーバリエーションがあり、全体で合計60テーマに相当するデザインテーマになります。

それに対してHAIKのデザインテーマは、21種類のテーマ毎に各6~8種のカラーバリエーションを有しています。単純計算すると合計で120~160パターンのテーマが有ることになります。

賢威のデザインテーマはHAIKテーマと比較しても、遥かに少ないテーマ数となります。(以降の表を参照)

HAIKと賢威テーマの比較

テーマバージョンテーマ数備考(価格・その他)
HAIKPalleteシリーズ11
6~8種のカラーバリエーション
Simpleシリーズ10
現在、販売中止
合 計21\7,980/1テーマ
賢威賢威6.25
6種のカラーバリエーション
賢威7.15
6種のカラーバリエーション
賢威8.01
賢威8 スタンダード版(β版)
合 計11¥24,800/全テーマ一括価格

価格面での比較

  1. 賢威のテーマ購入価格は、賢威7.1+賢威6.2の計10テーマ合計の一括価格¥24,800です。
  2. HAIKのテーマ購入価格は、1テーマ\7,980です。
  3. 単純に比較するとHAIKの方が安いことになりますが・・・・
  4. 賢威で複数サイトを構築する場合は賢威の方が安いとも言えます?

制作代行の面から比較

HAIKにしろ賢威にしろ有料テンプレートであることから、どちらのテーマを使っても第三者にHPの制作代行する場合、制作代行ライセンスが必要となります。
筆者はHAIKの制作代行ライセンスを有しているので、HAIKに関してはテーマ代無償で対応可能です。それに対して賢威の場合、¥15,120のライセンス料がお客さまの負担で制作費に上乗せされます。