Lightningでのスライダー4種の話です。
Lightning/G2
スライド効果:slide
Lightning/G3
スライド効果:fade

Lightning/G3
スライド効果:coverflow

昨年(2021年)の5月頃、WordPressの有名テンプレート「Lightning」のバージョンアップがあり、若干の混乱を来したユーザーもいたのではないでしょうか?

例えば、スライドショーの画像枚数が従来の5画面から3画面までに制限されたり、ヘッダーロゴの仕様が変わって従来のサイズより小さくなったり、またナビメニューが表示されなくなったりとか等々。

当方の制作代行のWPテーマに多く採用してきたWPテーマでしたので、少なからず振り回され続けた次第でした。 今回の仕様変更で、トップスライダーのスライド仕様も新しい世代(G2⇒G3)に合わせて、以下の4種類のスラダー効果がリリースされました。

・slide (前記の左画面)
・fade  (前記の真ん中画面)
・coverflow (前記の右画面)
・flip  (今回は見本なし)

尚、テーマの世代も2021年5月時点で、G2からG3に変化しました。
・G2 (Ver13 以前)
・G3 (Ver14 以後)